パニック相場で強制ロスカットを防ぐ方法はある

不労所得

パニック相場で強制ロスカットを防ぐ方法はありませんか。

こういった疑問にお答えします。

こういう、私も、ちょっと2020年3月12日現在のパニック相場には、びっくりしています。

私も、ちょっと資金を投入して、ロスカット狩りに備えたいと思います。

1 現在と反対のポジションを持ち、両建とする

すこし考えるとわかると思います。
ロングしているときは、反対に同じポジションをショートすることです。
これで、どちらに動こうが、強制ロスカットをしないはずです。
でも注意しなければならないのは、スワップポイントの
買いが  +スワップ
売りはそれ以上の  -スワップ
になるということです。
高金利の通貨によくいえることなので、注意が必要です。
長期景気が後退する気配があれば、ロスカットはすぐにはしませんが、
いずれスワップのマイナスが痛いことになりかねません。
もう一つ注意事項があります。
反対のポジションをとるときに、必要証拠金が残ってないといけません。
反対のポジションをとるときは、早めの判断が必要です。

 

2 資金を投入する

資金があれば、ロスカットになりません。

私も、追加資金の投入を決めました。

資金があるのに、ロスカットになったら、後悔しか残りません。

 

投入した資金もなくなるほど、相場が動いたらどうすか。

 

 

うん。あきらめましょう。

 

自分で予測した範囲以上の相場の動きは、十分ありえます。

でも、それ以上の余裕の投資が求められるのです。

 

厳しいことをいいますが、投資に向いていませんので

 

FXの世界等で、儲けることは諦め・・・

 

はっ!

 

ちょっと・・・

 

あれ・・・

 

 

確か・・・・

 

 

安西先生が・・・・

 

 

 

 

 

安西先生

諦めたらそこで試合終了

 

 

 

といっていた・・・・

 

 

 

 

諦めないことも大切だね。

 

 

 

3 持っているポジションを少なくする

信用取引は、証拠金の比率でロスカットになります。

私の使っている証券会社は、証拠金の40パーセントを切るとロスカットになります。

なので、証拠金を少なくするとロスカットの猶予がでてきます。

 

すると、損失があります。

 

ロスカットと少しの損失

 

天秤にかけるとわかるはずです。

不労所得

不労所得

 

4 明日の相場は誰にも分らないからこそ、明確なルール作りをする。

当たり前ですが、相場は生き物だと思います。

朝起きて、持っていたポジションがなくなったと気づいた日には、

正常な判断ができない一日となりえます。

 

そんなことがないように、明確なルールが必要です。

 

私のルールは、半自動売買なので、結構適当だと思われがちです。

 

メキシコペソ円の取引を主にしていますが

 

今回、どこまで、下がるがわかりません。

 

原油とコロナ

 

それだけでは、ありません。

 

最近、過熱しすぎていた相場にムチを入れるかの相場到来

 

いくつも、条件がそろってしまいました。

 

コロナはその引き金になっただけ。

 

資金に余裕のある機関投資家等が、ばらまかれた金を回収しにきました。

 

 

私は、3.8円を切るぐらいまで耐えられるようにしています。

 

もし、このパニック相場で3.8円を切ることがあれば

 

私は、為替の取引から身を引きます。

 

5 まとめ

いかがでしょうか。

私なりの、強制ロスカットにならないための方法です。

これ以外にも方法があると思いますが

 

皆さんで、パニック相場に負けないで、相場に流れている金を少しばかり、いただこうではありませんか。

 

 

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました