最強のダイエット食材【オートミール】

ダイエット

オートミールを紹介します。

えっ、オートミールって何?と思った方は、最高に運がいいです。

この記事で、オートミールの最高の良さがわかるからです。

 

身体が資本のボディビルダーから、美を追求するモデルさん等、多くの方がオートミールを好んで食べています。

 

オートミールを食べることで、健康な体を作りましょう。

 

1 オートミールとは

オーツ麦を加工したものです。

 

オーツ麦はカラス麦や燕麦等と呼ばれているそうです。

 

オーツ麦は、そのまま食べられないので、オーツ麦の穀皮を取り除いて、さらに、加工して、蒸したりしてできたのがオートミールです。

 

このままでは、食べてもおいしくありませんが、水分を含ませると、膨張して柔らかくなり食べやすくなります。

様々な味付けに合うので、好みの料理でアレンジできます。

 

2 オートミールの栄養素【万能食材の理由】
オートミール100グラム当たりの成分(白米100g当たりの成分と比較)
エネルギー 380(168) kcal
水分 10(60) g
たんぱく質 13.7(3.5) g
炭水化物 69.1(36.1) g
食物繊維 9.4(0.3) g
脂質 5.7(0.3) g
脂肪酸総量 4.83(0.27) g
飽和脂肪酸 0.94(0.1) g
アミノ酸組成によるたんぱく質 12(2.8) g
食塩相当量 0(0) g
アミノ酸合計 14000(3200) mg
含む ロイシン 1100(270) mg
含む リシン 610(120) mg
含む バリン 780(180) mg
含む イソロイシン 570(130) mg

※ 出典:日本食品成分表2015年版(七版)

 

解りやすいように、白米の栄養素と比較しました。

オートミールは、一食当たり、50gを基準にするといいでしょう。

経験上、1日当たり、多くて100gに抑えるといいと思います。

食べ過ぎると、お腹が膨れすぎます。

 

ご飯の1食は、1膳180gくらいですので、参考に比較していただければわかりやすいと思います。

 

1食当たりの比較表(オートミール50gVS白米180g)

オートミール50g当たりの成分 白米180g当たりの成分
エネルギー 180 302 kcal
水分 5 108 g
たんぱく質 6.85 6.3 g
炭水化物 34.55 64.98 g
食物繊維 4.7 0.54 g
脂質 2.85 0.54 g
脂肪酸総量 2.41 0.48 g
飽和脂肪酸 0.47 0.18 g
アミノ酸組成によるたんぱく質 6 4.2 g
食塩相当量 0 0 g
アミノ酸合計 7000 5760 mg
含む ロイシン 5500 486 mg
含む リシン 305 216 mg
含む バリン 390 324 mg
含む イソロイシン 285 234 mg

比較していただければ、オートミールの栄養の高さがわかると思います。

さらに、栄養価が高いにもかかわず、カロリーは抑え目です。

 

3 オートミールはダイエット食材に適してる。

私は糖質制限ダイエットをしています。

https://syachikudefurou.sakura.ne.jp/inst/2020/03/13/%e7%b3%96%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%90%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a7%e4%bd%93%e9%87%8d%ef%bc%96%ef%bc%95%e3%82%ad%e3%83%ad%e2%86%92%ef%bc%95%ef%bc%98%e3%82%ad%e3%83%ad%e3%81%ab/

オートミールを取り入れています。

一覧表を見ていただくと

オートミール50g当たりの成分 白米180g当たりの成分
炭水化物 34.55 64.98 g
食物繊維 4.7 0.54 g
糖質 29.854 64.44 g

オートミールの糖質は、1食当たり、白米の約半分になっています。

ダイエットをしている方は、栄養が偏りがちですが、オートミールで摂取しにくい食物繊維を多くとれ、糖質量も少なく、腹持ちもよい。

これほど、ダイエット食材に適しているものは、ないと思います。

 

4 オートミールは低GI食品

あれ、1食当たり糖質が30gって多いと思う方がいるかもしれません。

糖質制限をやられている方は、糖質量を気にしているので尚更です。

 

そもそも、糖質制限を簡単に説明すると、糖質摂取を制限することで、血糖値の上昇を抑えることでインスリンの過剰分泌を抑えます。

インスリンには、血液中に存在している糖を脂肪に取り込むようにする働きがあるので、インスリンが多く分泌されるということは、血液中の余剰の糖を脂肪にすることに繋がってしまいます。

 

そういったことで、糖質のとりすぎは、脂肪の蓄えにつながると説明できます。

しかし、脂肪になる過程で、GI値をいう数値が関係してきます。

GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。

引用 大塚製薬

まとめると、糖質を摂取したから、すぐ脂肪ではなく、食品にもそれぞれGI値というものが定められていて、低GIと呼ばれる食品は、たとえ、糖質量が多くても、糖質の吸収が遅いので、血糖値があがりにくく、脂肪になりにくいということです。

 

オートミールのGIは55になります。

ですからオートミールは低GI食品として血糖値が上がりにくいといわれています。

ちなみに、白米はGI値84になりますから、高GI食品となります。

 

 

5 オートミールは安価な食材

私が、購入している

【クエーカー・クウェーカー 】オールドファッション オートミール 2.26kg×2袋入り4.52kg

ですと、コストコで1,500円くらいで販売されていました。

しかし、近所のコストコで品切れ状態が続いているので、最近は、業務スーパーの「Rolled Oat」1キログラム入り

これを購入しています。

1キログラム当たり、400円くらいで、すごく安価です。

1食50gとして、20食分ですので、1食当たり20円くらいになります。

 

6 まとめ

オートミールは、栄養価が高くて、脂肪になりにくくて、安価であり、保存がききます。

デメリットを上げるとすると、食べ過ぎるとおならが出やすくなります。

食物繊維を多く含んでいるためかな。

あと、どうしても白米が大好きな方は、オートミールが口に合わないかもしれませんが、味付けの種類は豊富にあるので、色々と探してみてはいかがでしょうか。

ダイエットとして最高の食べ物です。是非試して見てください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました